相談について

相談時間は何時から何時までですか?また、土曜日や日曜日に相談できますか?

原則として、平日の午前10時から午後5時までです。ただし、どうしても夜間や土日祝にしか時間がとれない方も相談に応じることが可能な場合がありますので、お問合せください。
  なお、相談の際にはご予約をお願いいたします。

無料相談をおこなっていますか?

原則として、無料相談はおこなっておりません。ただし、メール・FAX・電話(5分程度)での初回お問合せは勿論無料ですので、そこでの一般的な回答で解決される方は実質無料相談になります。また、ご依頼頂いた場合は初回相談料は報酬に含みますので実質無料になります。
  なお、相談は原則として面談で行いますので、ご予約ください。

面談には予約が必要ですか?また、料金はかかりますか?

すべて面談は予約の上、承っております。突然来訪されても対応できないことがほとんどですので、必ずご予約の上お越しください。
  なお、予約については、メール・FAX・電話で都合のよい日時候補を数点をお知らせください。おおむね1週間後位までで調整させていただきます。
  面談には、料金がかかります。
   事務所面談: 4,200円(30分あたり)
   出張面談 : 5,250円(30分あたり)
    その他、出張の場合、交通費実費、出張費、日当が必要です。
    (地域により変動しますが、おおむね事務所より10キロ範囲内では頂いておりません。)

相談・面談の際に何を用意しておけばよいですか?

最初のお問合せのときに、氏名・住所・電話番号等に、お困りごとの内容、いままでの経緯をお知らせください。
  面談時には、運転免許証や住基カード等の本人を確認できる書類。相談内容を簡単にまとめたメモ。できるだけ多くの相談内容と関係のある文書、認印等を用意いただければスムーズです。

事務所はどちらですか?

行政書士横山敬治事務所はこちらです。

▲ページの先頭へ戻ります

報酬について

報酬はいつ、どのように払えばいいですか?

原則として、全額前払いでお願いします。お支払後、業務に着手いたします。
  お支払は、現金または銀行振込でお願いします。

報酬の分割はできますか?

原則として、一括での入金をお願いします。

報酬の割引をしてもらえますか?

原則として、割引はおこなっておりません。報酬として提示させていただいている金額は、責任をもって業務を行うために必要不可欠な金額です。また、正規の報酬をお支払頂いているお客様との関係からも、割引はお断りさせて頂いております。
  ただし、必要書類のほとんどをご自身で収集されている場合や、ご自身で申請をなされる場合など、正当な理由のある場合は考慮いたします。
  また、顧問契約を締結されているお客様につきましては、お得意様価格を提示させて頂いております。

2回目以降また複数回依頼した場合、割引をしてもらえますか?

更新等で前回申請内容等の資料を使用できるなど、業務に必要な経費・時間を省くことができるような正当な理由のある場合は考慮いたします。

行政書士の報酬はどこも同じですか?

行政書士を含む各士業の報酬は、現在自由化されているため、各事務所によって報酬金額は異なります。また、業務によっては通常報酬等が低いようでも、成功報酬が高く設定されていたり、関連する業務とセットで契約のような場合もありますので、依頼される場合はしっかりとご確認ください。

▲ページの先頭へ戻ります

離婚関係

作成中

▲ページの先頭へ戻ります

相続・遺言関係

作成中

▲ページの先頭へ戻ります

内容証明

書式はありますか?

文字数と行数、使用できる文字や記号等に一定の制限があります。また訂正方法や複数枚にわたるときの契印、本文中に差出人および受取人の住所氏名を記載しなければなりません。特に書式というものはありませんので、伝えたい内容を簡潔にわかりやすく記載します。
  そもそも内容証明とは、いつ、いかなる内容のものを誰から誰へあてて差し出したかという文章の存在を、郵便局が証明するものであり、文書の内容が真実であるかどうかを証明するものではありません。

相手が内容証明の受け取りを拒否したのですが?

相手方が内容証明の受取拒否した場合は、郵便物は差出人に返送されますが、相手方に内容証明が到達したという法的な効果は生じますので、改めて文章のコピーを普通郵便等で郵送しておけばよいでしょう。
  ただし、転居先不明等で返送されてきた場合は、勿論、到達したという法的な効果は生じません。

▲ページの先頭へ戻ります

契約書

作成中

▲ページの先頭へ戻ります